優秀だからに報いる手段が、管理職になることだけである今の人事制度は、もはや限界にきているのかもしれない。そろそろ、この常識を考え直してはどうだろう。そうでなければ、必要とされる、本当に優秀な人たちを殺してしまうかもしれない。それは、本人にとっても、会社にとっても、なんと不幸なことだろうか。 昇進とソリューションは優秀な人材を潰すかも知れない:ITソリューション塾:ITmedia オルタナティブ・ブログ (via sug1tar0)

(sug1tar0から)

青春とはもともと暗く不器用なもので、明るくかっこよくスイスイしたものは
商業主義が作り上げた虚像にすぎない。
星新一の名言貼ってく:キニ速 (via plasticdreams)

(sug1tar0から)

学生時代に「読んで納得する本ではなく、読んで疑問が湧いてくるのがいい本」と先生に言われた 「人を動かしたい」について改めて考えてみた。|from_NY 山本直人のブログ (via dorelax)

(hydrogenblrから)

大学1年生の9月頃だっただろうか、
大学で授業を受けていると3年生の先輩が中庭のベンチで寝ている。
3年生は気楽でいいなあ、と思いつつ授業が終わって外に出ると
ベンチから先輩に話しかけられた。

先輩A「おーい、Willy君!元気か!」
自分「あー、はい、まあまあです。」
先輩A「今日はいい事教えてやろう。いいか Willy よく聞け。」
自分「あー、はい。」
先輩A「一日3ページは教科書読め。後は一日何しててもいい。分かったか?」
自分「3ページですか。うーん、分かりました。」
先輩A「俺、今日はもう3ページ読んだ。飯でも食いにいこうぜ!」
自分「うーん、今度にしときます。それじゃまたゼミで。」



理論系の学問を専攻しなかった人は冗談だと思うかも知れないが、
この先輩の言った事はこの上なく正しい。
毎日3ページ、良い教科書をきちんと理解して読み進めれば、
1年で約3冊の専門書を仕上げることになり、
大学の成績はほぼ全てAが取れるし、東大の大学院にも楽勝で入れる。
ほとんどの一流企業も喜んでその学生を採用するだろう。
そして、キャリアを積む上でもコアの能力になることは間違いない。

1日3ページのペースできちんと読んで理解し
復習して自分のものにするためにはおそらく3時間くらい必要だが、
それは、家でやってもいいし、公園でやってもいいし、
好きな喫茶店でやってもいい。
朝9時からやれば昼までに終わってしまう計算なので
あとは友達と遊ぶなり、バイトするなり、好きにすればいい。

コアの能力をじっくり育てよう - 統計学+ε: 米国留学・研究生活 (via yoshich)

2011-04-19

(via gkojay)

(hydrogenblrから)

magictransistor:

うつろ舟 [Utsuro-bune / Hollow Ship]; an Unknown Object which allegedly washed ashore onto the coast of Hitachi province on the eastern coast of Japan in 1803.

Accounts of the tale appear in three texts: Toen shōsetsu (1825), Hyōryū kishū (1835) and Ume-no-chiri (1844).

(sug1tar0から)

・孤独はいいものだということを我々は認めざるを得ない。
しかし、孤独はいいものだと話し合うことの出来る相手を持つことは一つの喜びである。
byバルザック
孤独の格言|世界傑作格言集 (via petapeta)

(sug1tar0から)

令制国(りょうせいこく)は、律令制に基づいて設置された日本の地方行政区分である。律令国(りつりょうこく)ともいう。奈良時代から明治初期まで、日本の地理的区分の基本単位だった。

令制国(りょうせいこく)は、律令制に基づいて設置された日本の地方行政区分である。律令国(りつりょうこく)ともいう。奈良時代から明治初期まで、日本の地理的区分の基本単位だった。

長男こぶたは、安易な見通しで案件を受注したので、プロジェクトが炎上しました。

次男こぶたは、人海戦術で乗り切ろうとした結果、プロジェクトが炎上しました。

末っ子のこぶたは、優れたPMと無理のないスケジュールを用意した結果、プロジェクトが受注出来ませんでした。

#IT系童話

Twitter / HanatsukiIroha (via rpm99)

(sug1tar0から)

booklova:


Puss in Books

booklova:

Puss in Books

(sug1tar0から)

年収800万円払っても割に合うような優秀な社員を年収600万円で抱えている会社は、その社員と同じスペックの人材を年収600万円で採用しようとするので、いつまでたっても優秀な人材を採用できない。既存の社員に正当な報酬を払わないと、会社は人材を確保できず、成長もできないのはこれが原因 Twitter / fromdusktildawn (via igi)

(sug1tar0から)

zakuni:


Snowy Tokyo by Beta Photography on Flickr.

江戸時代までの日本人はのんびりしてたらしいね。
明治に来日したイギリスの牧師は、日本の女性とそんな話になり
「日本人は花見だのなんだのと、ちょくちょく仕事を休むね」と言うと
「外国の方は私たちを怠け者のようにおっしゃいますけど、
でも、ほら、あんなに桜がきれい・・・」
と花にみとれて、話そっちのけだったとか。

スイス遣日使節団長アンベールは、職人について
「若干の大商人だけが、莫大な富を持っているくせに
更に金儲けに夢中になっているのを除けば、
概して人々は生活のできる範囲で働き、
生活を楽しむためにのみ生きているのを見た。
労働それ自体が最も純粋で激しい情熱をかきててる楽しみとなっていた。
そこで、職人は自分の作るものに情熱を傾けた。
彼らにはその仕事にどれくらいの日数を要したかは問題ではない。
彼らがその作品に商品価値を与えたときではなく、
かなり満足できる程度に完成したときに、
やっとその仕事から解放されるのである。」

お役人ものんびりしていたようで、デンマーク人海軍士官スエンソンは
「悪習らしい悪習は日本人にはふたつしかない。
一つは酒にすぐ手を出すこと、もう一つはあまりに女好きなことである。
が、これは上層階級、とりわけ政府と大大名がかかえている役人と
官僚の一群にのみいえることである。
役人、官僚の数はおびただしく、そのうちの一部は無職のことが多くて
暇な時間を茶屋で過ごし、女たちに囲まれて酔っ払う。」

162 :日出づる処の名無し:04/07/04 03:17 ID:YtVOV4Jv
「日の輝く春の朝、大人の男も女も、子供らまで加わって
海藻を採集し浜砂に拡げて干す。
漁師のむすめ達が臑をまるだしにして浜辺を歩き回る。
藍色の木綿の布切れをあねさんかぶりにし、背中にカゴを背負っている。
子供らは泡立つ白波に立ち向かって利して戯れ、
幼児は楽しそうに砂のうえで転げ回る。
婦人達は海草の山を選別したり、濡れねずみになったご亭主に
時々、ご馳走を差し入れる。
暖かいお茶とご飯。そしておかずは細かくむしった魚である。
こうした光景総てが陽気で美しい。だれも彼もこころ浮き浮きと嬉しそうだ。」
(イライザ・シッドモア) ワシントンに桜並木を作る提案をした夫人

「生活の糧を得るために必要な仕事を文句を言わずに果たしているが、
そんな働き者ではない。
必要なモノが手に入れば、余計なモノまで得ようとは思わない。
大きな利潤をあげようと疲れ切るまで頑張ろうとはしない」

「材木を運ぶ労働者たちは、ちょとした作業をするのにも、
全員が熱を入れて歌をうたっていた。
ばからしい時間の浪費であるように思われた。
時間の十分の九は歌をうたうのに費やされるのだった」

「気楽な暮らしを送り、欲しいものも無ければ、余分なものもない。
家の全家具を見てみたまえ。
これは、もっとも富裕な人びとの持ち物のすべてであり、
もっとも貧しい人びともこれ以上を必要としない。
かれらの全生活におよんでいるように思える
このスパルタ的な習慣の簡素さのなかには、
称賛すべきなにものかがある」
(イギリス公使オールコック)

163 :日出づる処の名無し:04/07/04 03:18 ID:YtVOV4Jv
「床の間に一枚の絵画と一箇の花瓶があって、
ときどき取替えられるだけである。
西洋人と違って、
『どうです、高価な品物がたくさんあるでしょう』
と言わんばかりに、 この家の主人が、
財物を部屋いっぱいに散らばして置くようなことはない。
金持ちは高ぶらず、貧乏人は卑下しない。
我々はみな同じ人間だと心底から信じる心が
社会の隅々まで浸透しているのである」
(帝国大学教授・チェンバレン)イギリス人

「日本人が他の東洋諸民族と異なる特性の一つは、
奢侈贅沢に執着心をもたないことであって、
非常に高貴な人々の館ですら、簡素、単純きわまるものである。
大広間にも備え付けの椅子、机、書棚などの備品が一つもない。」
(オランダ海軍軍人カッテンディーケ)長崎伝習所教官

「日本の家に家具がほとんどなく手入れする必要がないのは、
とてもうらやましい。
ベッドがないので子供が落ちる心配がない。
眠る時に片付けるものもない。靴についた泥が入って来る心配もない。
お茶をいれる暖かいお湯さえあれば日本の家では楽しくすごせる」
(アリス・ベーコン)アメリカ人女性1888年来日

【文化】ジャポニスム【世界の中の日本】スレのまとめ 勤労の概念【後編】(part28スレ) (via ishida)

(sug1tar0から)

ちびっ子に否定語は使わない

と教わった。立たないで、じゃなくて「座って見てね」。走らないで、じゃなくて「ゆっくり歩いてね」。ネガティブな事を言わないのはもちろんだけど、否定だけだとじゃあどうすればいいかご伝わらないんだな。毎日の事だと、難しいけど。

Twitter / kitano ayako (via deli-hell-me)

(hydrogenblrから)

私の知り合いのいた研究室ではサーバーの名前に
「jupiter」「bega」「sirius」
等々、惑星/恒星の固有名をつける習慣があった。そのため、

「ねえ、何か今リゲルにアクセスできないんだけど」
「シリウスも応答しないよ」
「う~ん、ちょっとルナ経由で繋ぎ直して見てくれる?」

と、スペースオペラのような会話がシステム管理者たちの間で
交わされるのを日常的に聞くことができたそうだ。

ちなみに、初代ファイルサーバーであった「terra」が容量不足のために数年前に引退したため、
現在彼らの”/home”は地球から約2000光年彼方の「deneb」にあるという。
— あなたの付けた、アレゲなマシン名は? | スラッシュドット・ジャパン Slashdotに聞け : http://askslashdot.slashdot.jp/story/09/02/03/1218259/%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E4%BB%98%E3%81%91%E3%81%9F%E3%80%81%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%B2%E3%81%AA%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3%E5%90%8D%E3%81%AF%EF%BC%9F (via karno)

(sug1tar0から)